Dearest 武道館2021ネタバレレポ

このサイトを拡散する場合はこちらから!(ネタバレの注意をあらかじめ含んでおります)

Tweet

参戦したガオラーさんから頂いたレポを掲載予定!

ビジュアルのレポ
歌・パフォーマンス・長文レポ
MCレポ

開演前

開演前 ずっとビートルズ流れてます。 前回の武道館同様ですね。
5角形へのこだわりを感じますね
(中央スクリーン・照明ユニット)
ここラブ

セットリスト

1/28 23:21セットリストを訂正しました。

  1. 全力REAL LIFE
  2. 世界はあなたに笑いかけている
  3. 青い風に吹かれて
  4. 放課後ハイファイブ(2日目好きだ)
  5. MC

  6. Be My Baby
  7. Move on(2日目はSPIN)
  8. Baby Baby
  9. Waves
  10. Band session

  11. Everything could be your chance (MAYU アサヒ)
  12. 小さな恋が終わった(かれん manaka)
  13. ECHO
  14. いつかこの涙が
  15. Gift
  16. MC

  17. 足跡
  18. 青春フォトグラフ
  19. SAY!!!
  20. MC

  21. VIVA
  22. アンコール

  23. DMF
ここラブ

1/28ネタバレ[歌・パフォーマンスのレポ]

2/12 23:30更新
2日目

1日目とほぼ同じですが

バンドメンバーの登場時間から変更です

18時7分バンドメンバー登場拍手が始まる

18時10分放送で円陣などの声が流れて全力REAL LIFE登場&スタート

終了19時50分頃

五分アンコール待機

DearMyFriend

メンバー紹介

かれん
まゆ
まなか
あさひ
せりな
の順
せりなのメッセージ公開

メンバー退場

感謝のメッセージ公開
完全終了20時10分頃

↓レポとは別にメッセージを添えてもらたので紹介させていただきます。↓
明日の配信を見ればもっと分かると思います!

1日目とほぼ同じです。

多分見ると思いますが絶対に見て下さい!

あとこの前のSONGSでもかなりネタバレがあったので全て見ると繋がると思います。
丼ぐりー!

1/29 11:31更新
ライブのECHOに注目
・TVの短縮verではカットされがちなAメロ後半→もちろんアサヒ
・元々まなかだった1サビ→昨年の後半あたりからアサヒにスイッチ
・最近のTVではかれんが担当してた「掴み取りたい~」→アサヒに戻る
・落ちサビ→もちろんまなかのハモリをアサヒ
・本来芹奈の2番サビ→アサヒ(ちょっとうろ覚え)

ECHOのようなパワー系楽曲はせりかれまなの独断場だったけど、 いつの間にかガーリー系担当だったはずのアサヒの比重がこんなに高くなっているのをいったい誰が想像したか?
northpia

二日目のセトリは放課後→好きだ、move on→SPINに。初日より、リトグリも見る側も肩の力が抜けて涙控えめのリトグリらしい楽しいライブに。でも二日連続かれんにもらい泣き
northpia

新曲weavesを歌ってた時に、最後の芹奈のフェイクの音源が流れてきて
最初その部分誰が歌うのかな、芹奈のあの技を誰が補えるのかなって思ってたら
まさかの芹奈が歌ってくれてほんとにまさかすぎで鳥肌が立ちました!
いつかこの涙がのサビを芹奈のかわりにMAYUが歌ってて
MAYUなりに感情がこもってて感動したし心が癒されました!
はやとん@ガオラー

2日目はド正面からの参加でしたが印象的なのはレーザー光線のような照明演出。映像で世界観を出すのは目で分かるイメージがスクリーンに映るから分かりやすいけど「光の動き」「光の強弱」だけで歌の世界観を出すのは至難の業。演出技術と歌の表現力の賜物まさに神業
さとかん

2/13 23:30 更新
リトグリちゃんお疲れさまでした。
2週間で覚えたとは思えないクオリティの歌割、ダンス、そしてなんといっても余裕のあるオーラ
リトグリはいっつもライブで不安な顔も見せない、観客に「これ練習時間なかったんだろうな」と思わせないライブをする。
しかも今までこんなメイキング映像も見れる機会なかったから完璧なリトグリちゃんを見ることが多かった。
でも(もしかしたらあえて?)今日のオンデマンドライブはメンバーのリアルな不安、気持ちも映し出されたメイキング・ドキュメンタリー付きだった。
毎回このくらい努力してるんだろうけど、今まではこの努力を想像してライブを見てた。
でも今日は違う。
リトグリちゃんのリアルな姿を見たうえでライブを見た。
もう、号泣。言葉がでない。

MAYUちゃんとアサヒちゃんが歌った「Everything could be your chance」
MAYUとアサヒはお互い得意な音域、感情表現できる音域が違う。(私の勝手な判断だけどw)
だからこそできた歌割りなのかも。
びっくりしたのがMAYUちゃんが上ハモの時地声でハモってた。
しかもめっちゃ綺麗だった。
相手がアサヒだったから?そんなことしたの?
MAYUモンの私は「やっべえええええ」って感じでした。
アサヒに「一筋の光」とか「真っ直ぐな思い」を歌わせたら最強すぎる...
もう本当に声もぶれのない真っ直ぐな声で歌うもん...
そしてmanakaちゃん
SONGSでも4人で武道館に立っていいのか自分から切り出したって言ってたけど、いざやると決めたら意地なんかはらず4人だからこそできることをするのはどう?って 前向きに参加してた。凄すぎるよね。
同じガオラーとして本当に見習わないといけない。
歌声もすっごくきれいだった。
manakaちゃんって「不安だよね。でも大丈夫だよ」っていう歌詞がすっごく似合いますよね
等身大で表現するからなのかな...?

最後にかれんちゃん
間違いなく4人の大黒柱だった。
チームには絶対必要ですよね。どんな時も前向きに。走り続ける。
かっこいい。本当にかっこいい。
歌にも余裕があった。
芹奈の想いを心に秘めたかれんちゃんの歌声は柔らかさ、尊さが増してる気がした... そして積極的にお客さんを見てた気がする
リトグリを引っ張てくれて、ポジティブ精神で走り続けてくれて本当にありがとうございます

相変わらずハモばっか注目しちゃって申し訳ないけど、ただ引き算してるんじゃなくて、引き算した後和音に違和感がないようにハモのメロディが変わってる箇所がいくつもあった。
これ2週間でできるの?
しかも武道館だけじゃない、テレビの出演もしながら。
凄いよ...凄すぎるよ...
敬語タメごっちゃごちゃでごめんなさい
また落ち着いたら投稿しなおしてるかもです(笑)
あみーず

1/27ネタバレ[歌・パフォーマンスのレポ]

2/12 23:30更新
武道館

18:01 館内放送
18:13突然拍手が始まる
18:07バンドメンバー到着

1日目
16時30分会場
開演するまでの出来事
ずっとビートルズが流れていた
17時.17時半.18時にはgradationのCMが流れていた(←時報になってました笑)

17時半 霧の演出がスタート

18時1分 館内放送

18時13分バンドメンバー登場拍手が始まる

18時15分放送で円陣などの声が流れて全力REAL LIFE登場&スタート

終了20時5分頃

五分アンコール待機

DearMyFriend

メンバー紹介

かれん
まゆ
まなか
あさひ
せりな
の順

せりなのメッセージ公開

メンバー退場

感謝のメッセージ公開

完全終了20時20分頃
丼ぐりー!

今日のかれんは神がかっていた。いつもはエモーショナルな担当は芹奈だが、その部分を補おうとしてたのか。明日のかれんが心配。
芹奈メインパートの6割はかれん、3割アサヒ、残りmanakaという感じ。
ただし一番大変だったのは支えるMAYUだったかもしれない。
メインパートの追加よりハモパートの追加の方が遥かに大変だろう。
エンターテイメントとしては代々木の方が遥かに完成度は高い。
密度としては2年前の武道館には遥かに及ばない。
でも今回は始まった途端、涙が出そうになった。
今回は立ち会えたことが幸せ。
かれんはすごかったが、アサヒもすごい良かった。manakaもすごかった。
デュエットはどちらも沁みた。オープニングとこのデュエットだけでもきた甲斐があった。
あとはガオラーの愛を感じたライブでしたね。
kendama8

1/28 7:31更新
kendama8さんが投稿されているように、かれんは凄かったですね。オリジナルの構成上かれ・アサに寄っていくイメージはありましたが…
アサヒはホントに頼もしくなりましたね、違和感を全く感じませんでした。かれんに至ってはパート増という事より完全に楽曲を支配してました。
いつも思うのはそれはmanakaという不動の軸があるからだな…と。それを改めて感じながら観てました。
芹奈不足を少し強めに感じたのはまずMove Onでした。やはり高いの1本抜けると印象がだいぶ変わりますね。もちろん素晴らしい出来でしたけど。特にMAYUは忙しそうでした。やっぱりこの娘さすがだわ、と思いました。もう1曲はGiftです。奇しくもあまり芹奈のイメージの少ないこの曲で芹奈不足を感じてしまう所にいつもの自分の耳の不確かさをかんじると共にこれがリトグリか…と思ったりしました。
匿名ガオラー

3/16 14:20更新(3/14 21:00受信)
リトグリライブレポ(武道館初日)

(凄いな。これが生か。)
真っ白な4人が飛び出し、歌い、踊る。
その瞬間、なんだか胸にダイレクトに届けられたような気がした。
そしてすぐに彼女らの歌を生で聴く、その魅力に取りつかれた。

音域の広さと安定感があり、時にとんでもない音程の変化をしつつも何故か踊りがキレッキレなかれん。

職人のようなハモりを魅せ、時に力強く、時に優しく歌い、滑らかに踊るMAYU。

太さと繊細さを兼ね備えた歌声で魅了し、踊りでも魅せてくるmanaka。

透き通るようなウィスパーボイスとハリのある声を使い分け、独特だが動きが可愛いアサヒ。

まだ行ったことない人は、ぜひ自分の身で体感してみてほしい。
自分もこれが初めてのライブだったが、十分過ぎるほど楽しめた。
5人揃った時はどうなるんだろうか。とても楽しみである。
うみ

GiftのAメロ部分、CD音源にも入ってますがYeah Yeah Oh〜みたいな裏ハモ?的なのがライブでもちゃんと入ってました❣️
リトグリは生演奏なので本人が歌わないと入らないものだと思ってたのですがスピーカーからはっきり聞こえました〜😭
メンバー見てみると誰も歌ってないので芹ちゃん音声だと思われます(間違えてたら教えてください〜😿)
匿名ガオラー

5人を知ってるからこそ4人には違和感を感じないわけにはいかず。しかし、やっぱり歌い慣れた 足跡 は、今日のセトリで4人でも突出して違和感ないこなれ具合。安定感というか密度というか他曲とは違う雰囲気。
かといえば、初のWavesもまるで4人のための曲のよう。この曲後半の今日イチ?のハイトーンは、かれん?MAYU? 印象的な最後あたりの芹奈のフェイクはアサヒ。歌もダンスもクオリティ高い。
SAY!!!の落ちサビ
本来ならお待ちかねの芹奈タイム
前半はかれん 後半はmanaka
ニコめそ

かれんにもらい泣き、、
Wavesは歌唱も振り付けも格好良かった。2番の冒頭がMAYUのような気がしたけど気のせい?move onの中盤の芹奈の見せ場を誰が引き継ぐのか(きっとかれんだろうと)注目していたのですが、アサヒが芹奈に引けを取らないパワフルさで歌い上げていて感動!
匿名ガオラー

「芹奈がいない分、自分達が頑張らなくちゃ」という4人の気迫がすごく伝わってきましたが、その中でもアサヒがすごく輝いて見えました。

『Move on』『Waves』『Every Could be Your chance』『足跡』などの芹奈の重要なパートをアサヒが見事にやりきってくれた。
芹奈の想いが乗り移ったかのように、口を大きく開け、全身を使って歌い上げていた。

そして最後の『Dear My Friend』、アサヒが大粒の涙を浮かべて歌ってました。
みんなの合唱がすごく良かった感動もあると思いますが、
きっと、いろいろな想いが重なって、プレッシャーに負けずに最後までやり遂げられたことの涙だと思いました。
アサヒの日々の進化は、天才ではなく、影の努力あってこそだと思います。

「アサヒ、やっぱり貴女は最高のシンガーです。
この涙はきっと、シンガーとしての最高の勲章になると思うよ」
そう感じましたね。
Pirosako@🌈ガオラー
Pirosakoさんのアメブロはこちら

いつもはリトグリの歌唱中、バックバンドを観たり、客席見たりしちゃうんだけど、今日は4人から一度も目が離せなかった。
4人の感情がビリビリと。
音がハモリがどうではない、とにかくガツンと心に響いた。
そんな素敵なライブでした。
ありがとう
さんぷてぃしょんぷてぃ∞さんのツイートより

かれんって凄いんだね👀

Dear My Friend、皆さんの合唱とっても綺麗でした!!!男性の声もしっかり際立っていて感激した♪
バンドセッションのC&Rの時、ガオガオ演奏してた!ありがたや号泣もしかしたら、ガオガオやりたくても歌えない事情があるのかな?わからんが
(絵文字は省略しています) 姫川綾芽さんのツイートより

1/28 7:04更新
純白の衣裳で現れたのは素敵でしたね…。まなかさんの美しさには眼をみはりました。背中にヒラヒラがついていて天使か!ってやつでしたね。配信後(あるいは2日目)また賑やかになりそうです(笑)
全力リアルライフのオープニングは盛り上がりますね✨ 個人的にはもっとギターを前面に出したアレンジにして欲しかったです。
アサヒ・MAYUのEverything could~のデュエットは大変良かったです。アサヒはこの時もうっすら涙目でした。
SAY!!!では恒例の(?)スタンドを眺めてましたが、ほとんどの方がバルーンでなくタオルを回してましたね。いつ見ても美しいシーンです。
自分はメディアを追えてない(TVは見ない)ので代々木以来配信ライブしかきちんと観て来なかったのですが、いつの間にこんなに表現力豊かになった?と感心しました。特に足跡のアサヒは素晴らしいですね。
あまり上手く伝えられませんが、芹奈不在が良い方向に作用したステージだった様に感じました。もちろん実力あっての事です。
匿名ガオラー

いっちばん涙腺きたのはVIVAだった
VIVA歌う前にmanakaが「いつも横にいた芹奈がいないのは心細いけど芹奈が私に強くなれって言ってる気がして、今までにないくらい泣いたけど4人で補い合って頑張った」的なこと言っててそれがその後のVIVAの「あなたがいれば強くなれるよ」とか「きっとあなたは笑ってくれる」とかの歌詞とめちゃめちゃリンクしてて鳥肌たちすぎて鳥になった
Dear My Friendのあとのメンバー紹介で、アサヒまで紹介し終えた後manakaが「そして~~、芹奈!!」って叫んで画面に芹奈が出た時ひときわ拍手デカくて泣きそうだった
みつこさんのツイートより

Dearestツアー武道館初日。
今日のライブは短期間で編成を組み直したのと、コロナ禍により制約のあるという大変な中のライブでした。
そんな状態でもこれだけのクオリティで歌を届けてくれるリトグリは名前にはじない素晴らしい音楽グループでした。

ただやはり完璧なリトグリではありませんでした。でもその完璧でなかった今回のライブにリトグリの魅力を感じました。
そこには穴が、芹奈の存在の大きさがあったのです。これは芹奈だけでなく、メンバー全員の強さ、魅力があり、5人にそろってのリトグリ。
普段5人で歌っているのを当たり前のように聴いていたのですが、実は当たり前でなく奇跡と膨大な努力と時間の積み重ねがあってのものです。
それを編成変えてたった2ヶ月で、しかもコロナ禍で制約がある中で、なんの違和感もない程に持っていけるか?
それは無理だと。
逆にできてたまるかと。

プロのライブでそれなりのチケット代を払ってのライブで「完璧ではなかった。」というのは普段はあまりいいことでは無いのですが、今の世の中やリトグリの置かれている状況、ライブ公演に踏み切った勇気と思いを見ると、それは悪いことではありません。ファン目線になりますが、涙無しには観れません。
そしてこの芹奈という大きな存在をカバーし合うリトグリの強さと絆は、芹奈が休んでる今だからこそ見れたと思います。
もちろん大きな存在はかれん、MAYU、manaka、アサヒ全員が同じで、誰が休んでも今日は同じ状況だったと思います。今回はたまたま芹奈でした。
これほど1人ひとりと存在と大きさや魅力、5人の強さと絆を知る機会はそうそうないと思います。
もう一度言いますが、今日のライブのクオリティはすごかったです。
完璧ではないと言いましたが、ほぼ完璧でした。芹奈という穴があり、完璧ではないにもかかわらず完璧。
そんな二律背反をしてしまうのがリトグリの凄さ。

今日のライブに向け、強く成長したリトグリはこの2日間のライブを終え、またさらに成長する。ここに芹奈が戻ってきたらどんなことになるのか?

世界的なアーティストとコラボをしはじめ、確実に世界へ向けて羽ばたきはじめているリトグリの未来は明るいと思います。
Covid-19が落ち着いたらワールドツアーをやっても恥じない、日本を代表する大きな、、、大きなアーティストとして世界に光とハーモニーを届けてくれるはずです。

完璧でないけれど、完璧。そして輝かしい未来に向かって歩む彼女たちの軌跡を目と耳と、肌と魂で触れることができ、いちガオラーとしてとても幸せです。
貴重な時間を送れました。

最後になりますが
昨年から他の業界と同じく、エンタメ業界も苦しいです。何件もライブハウスが潰れたり、失業されているかたもたくさんいます。
この二日間のライブはエンタメに携わる方々にとって大切な収入だったと思います。そこで働いてる人たちにも家族がいます。
リトグリがライブをやってくれたのは、多くの人の収入にもなります。命をつなぎます。
コンサート開催に疑問を持つ方の気持ちはよくわかりますが、表舞台には立たないけれど、支えてくれる多くの人たちを守る為にもコンサートを開くことは必要です。そしてコンサートが開けるためには、我々ファンの行動も関わってきます。どうかご理解をお願いします。
武道館2日目行かれる皆さん、楽しんでください!
後日配信で観る方、一緒に楽しみましょう!
BNWツアーの成功に結びつけましょう!
・・・BNWツアーチケット欲しいな
あぁ、明日以降のリトグリの歌が楽しみだ!本当にリトグリのライブは魅せてくれます。幸せな時間をすごませます
また行きたい!そう思えるリトグリのライブ。今日のライブも楽しかったです。
しゃらく