HELLO!ガオラーラボ

かれんと誰の情報を見る?

MAYU 芹奈 manaka アサヒ

かれんの声がたっぷり聞ける曲

曲名 主メロを担当している秒数 YouTubeリンク 歌詞リンク
ソロインタビュー かれんからはじまる曲

ガオラーにききました
かれんといえば?

かれんといえば?の投稿お待ちしてます!

投稿フォームはこちら

karen さん

この曲は私がリトグリを好きになるきっかけになった曲です。かれんちゃんの声が特に映えると思います!明るくてパワフルな声を聴くと誰もが元気になれるし、自然と笑顔になれると思います!!

ikki さん

かれんの歌声がメチャクチャかっこ良いです。
特に英語の部分は鳥肌ものです。

つみこ さん

「Jupiter」が浮かびます!
かれんが始まりと終わりを飾る曲ですし、かれんの優しく真っ直ぐな歌声が活かされていると思います

しゃらく さん

『Echo』を思い浮かべます
All for oneからの高音で伸びていく かれんの声は聞くたびに今でも「すっげぇ・・・」と心をがっつり持っていかれるからです!

ただの音楽好き(音ちゃん)@ガオラー さん さん

最後のサビの、この広い世界の中〜のかれんパート
この広いの“い“の裏声で抜くところ、抜き方が好きすぎて、何回も聴けます

タンペレ さん

「君に届くまで」はmanakaもアサヒも芹奈もMAYUもみんないいんだけど、とくに2番のサビ「高架線の上~空を見上げた」のかれんの歌唱が大大大好き!何度聞いても、ここで胸の奥の柔らかい部分をむんずとつかまれた感じになっちゃいます

OVER

うみ さん

メインパート多め?で曲の冒頭や2番の始まり、曲の最後と目立つ部分を歌っているので。ハモリパートも「あ、ここかれんハモってる」ってわかりやすいと思います。
個人的には「噂も〜」「〜未踏の新展開」の言い方と「〜迷うけど」のけどのハネ方、コーラス?の「トゥットゥットゥ」の部分が特に好きです。

アカペラメドレー

bird🕊@沖縄ガオラー さん

会いにゆくは本当にかれんのイメージが強いです。また1人でダンスしながらPVにでたSPIN。かれんの強み(ダンス、かっこいい歌い方)が大きく出てると思います。

しかし!私は一つに絞るなら、1アカペラーとして、アリアナグランデ前座アカペラメドレーを選びます!
洋楽アカペラメドレーがいい理由としては、
・アカペラの時にあそこまでかれんがリードを務めたものがない
→これは途中かれんのかわりにベースを極めたmanakaの成長の表れでもある
・洋楽をかっこよく歌うことのできるかれんを存分に生かすことができている
・リトグリのメトロノームだけあって、アカペラで曲を変えながらBPMをこんなにコントロールできているのはかれんのベースのおかげが大きいと思う
・かれんの音域の広さをこの一曲で知ることができる

曲に込めている想いは他の曲の方がよりいい気がするんですが、かれんをプレゼンするならこの一曲です

会いにゆく

ジェイ(ピンク≧虹色)@ガオラー さん

色々思い当たりますが、1番生で聴いて印象深かったのは、去年の代々木公演でソロで歌った「会いにゆく」です。

それまで歌唱力がベースにありながら、ダンスに関して突出した才能を感じてましたが、この会いにゆくで初のピアノの弾き語りを目の当たりにし涙が止まらなかった思い出があります。

ただの音楽好き(音ちゃん)@ガオラー さん

代々木でのライブでソロ歌唱した
『会いにゆく』
ピアノの弾き語りはもちろん感動し、普段どちらかというと、裏声で抜くというより、地声で張って出すイメージのかれんですが、この時は裏声で繊細に抜くことが多く、とても感動しました