ミッドナイト・イン・トーキョー feat. Little Glee Monster

作詞

作曲

リリース日 2021/09/15

リリース時年齢
かれん:23歳
MAYU:22歳
芹奈:23歳
manaka:20歳
アサヒ:22歳
この曲がすきならこれもおすすめ

リード曲「ミッドナイト・イン・トーキョー feat. Little Glee Monster」は、昨年11月に発売されたリトグリ名義「Dear My Friend」に続く第二弾コラボ曲で、今作はペンタトニックス名義となる。これまで9回来日し日本好きを公言しているメンバーが<日本=東京>のことを想い制作した渾身の作品で、実際に訪れたことのある「渋谷」「原宿」などの地名を歌詞に取り入れている。彼らはこれまで「Perfumeメドレー」、Official髭男dism「Pretender」など、日本語カバーにチャレンジしてきたが、オリジナル曲で日本をテーマとし、日本語歌詞を取り入れ、日本人アーティストと共演することは、今回が初めてとなる。2014年のペンタトニックス初来日イベントでの共演以降、両アーティストは交流を深めてきたが、7年の時を経て、互いの名義曲へのコラボレーション参加が実現した。この楽曲についてメンバーのスコットは、「数年前から僕たちが温めていた曲で、いつ発表すればいいのかタイミングを見計っていたんだ。日本は僕たちが世界中で一番愛している国で、今回のアルバムを発表するにあたって、絶好の機会じゃないかと考えた。日本の素晴らしいアーティストとのコラボも実現させたくて、リトグリに依頼したら快く引き受けてくれたんだ。彼女たちの歌声が、この曲の魅力を格段に高めてくれている。やっとこの曲を発表できて、もう大興奮だよ。」と語っている。

ペンタトニックス日本公式HPより
インスタでのペンタさんの回答

歌割り

スコット
~0:46
全員
~1:17
かれん
僕らのストーリー
芹奈
つくりあげていこう
かれん
主役は二人
芹奈
はじまるよ
スコット
騒ぐ原宿の真ん中で 夜の渋谷打ち上げよう
飲み干して 時間だよ
キスをして 旅立とう
全員
~2:18
カースティン
これまでのことなんて 全て置いていこう
忘れてしまおう 自由になれ
全員
~3:20
スコット
(3:09あたり)原宿 渋谷

みんなの投稿

前々から言ってた、#PTXMidnightinTokyoLGM
の分析ツイートです😎

今回は、
「なぜこの曲を何回も聴きたくなってしまうのか(中毒性)」
について音楽的な理由を書きました!
分析っていうよりかは解説に近い気もしますが、ぜひ読んでもらえたら嬉しいです✨✨

感想ウェルカム!#PTXjp#リトグリ pic.twitter.com/ieJA2mfE19

— なおや@ガオラー (@naoya06_lgm) September 17, 2021

翻訳の投稿や、「○○秒は○○が歌ってると思う!」の投稿。そして「ここの表情いいよね!」のようにMVの感想投稿もお待ちしています

ガオサイト

耳コピですが、歌詞を書き取ったのでこちらに掲載します。(間違えてる箇所があったらすみません)

「素敵な空の旅を、お楽しみください。」
"We hope you enjoy your flight."

I know this sound is crazy, We just met tonight
If you got that something, It just feels right
I know this sound is scary, Don't be afraid
Don't pack your bag, Let's get on a plane
Finish your drink, I'm callin' a cab
Give me your kiss, Let's take what we have

Let's leave behind everything we know
Wanna see your eyes on the neon glow
Let's leave behind everything we know
You and me, Let's go
Midnight in Tokyo
Tokyo-oh-oh-oh-oh-oh-oh
Tokyo-oh-oh-oh-oh-oh
Midnight in Tokyo
Tokyo-oh-oh-oh-oh-oh-oh
Tokyo-oh-oh-oh-oh-oh
Midnight in Tokyo

僕らのStory 作りあげてこう
主役はふたり 始まるよ oh
胸騒ぐ原宿のバーやホテル 夜の渋谷 打ち上げよう
飲み干して 時間だよ
キスをして 旅立とう

Let's leave behind everything we know
Wanna see your eyes on the neon glow
Let's leave behind everything we know
You and me, Let's go
Midnight in Tokyo
Tokyo-oh-oh-oh-oh-oh-oh
Tokyo-oh-oh-oh-oh-oh
Midnight in Tokyo
Tokyo-oh-oh-oh-oh-oh-oh
Tokyo-oh-oh-oh-oh-oh
Midnight in Tokyo

これまでのことなんて 全て置いてゆこう
忘れてしまおう 自由になれ

Let's leave behind everything we know
Wanna see your eyes on the neon glow
Let's leave behind everything we know
You and me, Let's go
Midnight in Tokyo

Let's leave behind everything we know
Wanna see your eyes on the neon glow
Let's leave behind everything we know
You and me, Let's go
Midnight in Tokyo
Tokyo-oh-oh-oh-oh-oh-oh
Tokyo-oh-oh-oh-oh-oh
Midnight in Tokyo
Tokyo-oh-oh-oh-oh-oh-oh
Tokyo-oh-oh-oh-oh-oh
Midnight in Tokyo

姫川綾芽

皆さん、こんにちは。「Midnight In Tokyo feat. Little Glee Monster」の歌詞の僕なりの楽しみ方を、投稿させていただきます。よかったら、読んでみてください。なお、和訳はアルバムの「ジャパン・デラックス・エディション」に付いていますので、ぜひそちらを購入してお楽しみください。英語の歌詞は、海外の歌詞サイトからでも閲覧できます。

☆「Midnight In Tokyo」
「TOKYO」って「トウキオゥ」って発音するの、知ってました? 昔、そんな歌もありましたね。実は、僕も「トウキョウ」と発音していました。英語には「キョ」という発音がないため、どうしても「キオゥ」となってしまうみたいですが、この曲では特に「ト・キ・オ・オ・オ♫」と歌っていますね。実は、この「Let's leave behind~」で始まる2番めのブロックなんですが、全ての行で「オゥ」で韻を踏んでいます。「know」「glow」「go」「Tokyo」です。なので、ことさら「オゥ」を強調して発音しているのだと思います。

☆世界観
今夜、初めて出会った二人が、何も持たずそのまま飛行機に乗って、真夜中の東京に着く。そして、渋谷・原宿で全て忘れて自由に遊ぶ、といった開放感あふれる内容になっています。サビの「Let's leave behind~」が心地よく響き、「Tokyo-o-o-o-o-o-o」がとてもキャッチーで、無条件に明るくて楽しい曲ですね。ペンタトニックス(以下「PTX」)の日本好きが、にじみ出ている気がします。
実は、PTX単独バージョンでは、唯一日本語の歌詞の部分があります。後半「これまでのことなんて 全て置いて行こう 忘れてしまおう 自由になれ」の部分です。(一方、フィーチャーバージョンでは、リトグリとのフィーチャーのために他にも日本語に訳されているパートがあります)英語の歌詞に日本語が混じってる曲って、そうザラにはないですよね。このパート最初から日本語だったのでしょうか?日本語のこなれた表現から、どうもスコット(作詞作曲に関わった、PTXメンバーの一人)が書いたとも思えないんですが(失礼!)、誰が訳してくれたんでしょうね?実は、この、「Let's leave behind~」の一番しっくりする訳が、この「これまでのことなんて 全て置いて行こう」という訳なんですが、よくもこんな訳を書けたもんだな~、と感心しきりです。きっとL.A.在住の長い日本人か、バイリンガルの方なんじゃないかと想像しています。

☆「Midnight in Tokyo」
「真夜中の東京」ですが、逐語訳すると「東京の真夜中」となります。でも、意味は「真夜中の東京」ですよね。この曲のタイトルにもなっていますが、僕だったらタイトルは、「東京午前零時」としたいところです。英語には、このように前から訳すといい言葉が、そこそこあります。いい例が、「a cup of coffee」ですね。「コーヒーの一杯」ではなく、「一杯のコーヒー」ですよね。「真夜中の東京」です。

☆You got that something It just feels right
「君のそこがいいんだよ。ぴったしカンカン、いい感じ。」といった感じでしょうか。「got」は文法的には過去形(過去分詞)ですが、意味は現在です。どういうことかと言うと、「You've got」(=「You have」)の「've」が落ちた形で、「You've got」よりもカジュアルで気さくな感じで使われるようです。スラングでは、「I got this」(まかしとけ!)や「You got this」(君ならできる!)というふうに使われます。(⇒「ニック式ひとこと英会話」)
https://nic-english.com/phrase/you-got-this/
「feel」は、「感じる」ですが、モノを主語にすることが出来ます。「It feels soft」は、触って柔らかい感じがする、という意味です。これらの仲間に、「look」「sound」「smell」「taste」があります。所謂、人間の五感「見る、聴く、触る、臭う、味わう」ですね。「It tastes good」(美味しい)みたいに使います。抽象的にも使われて、この歌詞の最初にも、「I know this sounds crazy」とあります。「こんなこと言ったら、きっとクレイジーに聞こえるかもしれないけど」という意味です。
前置きが長くなりましたが、でもここでの「feel」は、また別の意味になります。「feel right」で「ピッタリ感じる。しっくりくる」という意味です。強調の「just」が付くので「ビビッとくる」みたいな感じでしょうか。

☆Let's leave behind everything we know
弱強、弱強のリズムがいいですね。「everything」の所でダブりますが、基本的には、弱強、弱強のリズムです。次の句は「on the」でダブってますが、逆に強弱、強弱のリズムになります。
Let's leave be-hind eve-ry-thing we know
 弱 強  弱 強 強 弱 強 弱 強
Wan-na see your eyes on the ne-on glow
強 弱 強 弱 強 弱 弱 強 弱 強
次の「You and me let's go」「Midnight in Tokyo」も同じように、強弱強弱、弱強弱強になっていて、心地よいグルーブ感を醸し出していますね。ここは、音楽における彼我の大きな違いというか、リズム感に乏しいというのは、日本語の大きな弱点ですね。もちろん日本語にもリズム感はありますが、英語のようなはっきりした強弱のリズム感には太刀打ちできない気がします。喋っただけでリズムがある。これが、洋楽を聴く時にグルーブ感を感じる大きな要因の一つではないかと、僕は思っています。
ちなみに「everything we know」のところ、「知ってることは、全部置いて行こう」ですが、「知ってること」というのは、経験したことも含むのでしょう。「これまでのことなんて 全て置いて行こう」という訳(歌詞)が見事です。とてもシャレた表現ですが、これは一つには「know」という言葉を使って次の「glow」と韻を踏ませるために持ってきた言葉なんですね。「Tokyo」と韻を踏ませるというスタイルが、とてもcool!ですよね。

☆「Wanna see your eyes on the neon glow」
歌詞カードの対訳では、「ネオンに包まれた君が見たいな」となっていますが、直訳すれば、「ネオンの輝きを見る君の目が見たいな」ということだと思います。「eyes on」は、「lay eyes on」(~を見る)というように「on」は、見る対象を示します。なので、「your eyes on the neon glow」で「ネオンの輝きを見る君の目」という意味だと思います。「君の目に写ったネオンの輝き」というほうが、ステキな響きなのですが、そうであれば逆に「the neon glow on your eyes」となると思います。

☆It's getting’weird in Harajuku(PTXバージョン)
「weird」(ウィアード)というのは、「変な、かなり違和感のある」という意味なのですが、リトグリフィーチャーバージョンの日本語は「胸騒ぐ(原宿のバーやホテル)」となっています。ストーリー的にも、ここはドキドキするとかいった意味で間違いないと思われます。いい意味で「いつもと違う何か」といったニュアンスかと思います。最近の「ナウ」な使い方なのでしょうか、浅学につきわかりません。
次の「夜の渋谷 打ち明けよう」(PTX Ver. : Our secrets to tell)なのですが、ある歌詞サイトで、「夜の渋谷 打ち上げよう」や「原宿のばあや?hotel」となっているのを見かけました(笑)。確かに、日本人であれば、「さあ、渋谷で二次会、打ち上げだ~っ!」という感じ、わかりますよね。耳コピで聞き違えたのでしょうか。「原宿の婆や」ってどんな「婆や」なんでしょうか、でもちょっとおもしろいですね。

Midnight In Tokyo feat. Little Glee Monster

Song Writers : Ryland Blackington, Scott Hoying, Daniel Keyes, Vaughn Oliver, Justin Tranter
日本語対訳(封入歌詞カード):武居創
Performed by :Pentatonix, Little Glee Monster
(PENTATONIX“THE LUCKY ONES”ジャパン・デラックス・エディション, 2021収録)

SAKURAnoG

SAKURAnoGです。日本語の歌詞について、追加です。スコットさんとPTXファンの皆様、すみません、本当にすみません。日本語は、なんとスコットさんが日本のスタッフと打ち合わせながら、書いたそうです。多少のアドバイスを受けたかもしれないとは言え、あれだけの日本語を作り上げるというのは、素晴らしいと思います。本当に大変失礼しました。
(下記「出典」ではリトグリとのフィーチャリング曲の日本語についてスコットさんが話しているのですが、恐らくPTXだけのオリジナルVer.の日本語も同様だと思います)[出典:ROLLING STONE 『ペンタトニックスが語る、Little Glee Monsterや日本との絆「世界で一番愛している国」』Hisashi Murakami |2021/09/24 12:00 。](ソニーミュージックオフィシャルサイト/ペンタトニックスより)

SAKURAnoG

外部サイトへ移動