芹奈尊敬好き
をあつめました

このページはガオラーラボ芹奈の改良ページです。こちらのページはサイト主が手動で投稿しているのではなく、投稿者が送信を押した瞬間に投稿されるようにしています。

かくときのヒント

 ファンではないけど芹奈ちゃんが気になっている方に芹奈を紹介する気持ちで

 すでに芹奈の沼につかっている人に「このライブDVDでこんな行動してるよ!」など共有する気持ちで

ひろ

好きだ。

落ちサビ素敵です。

ひろ2

全部

もう存在が好き

みるん

https://youtu.be/J_mikHBLqm4

ヒカルカケラ

本当に年上に恋しているような表現力とちょっと切ない歌声が素敵なので是非聴いてみてください。

まさと

https://youtu.be/2zRTrArYs4k

だから、ひとりじゃない

無伴奏ソロのオープニングで心鷲掴みにされます

しゃらく

芹奈は憑依型と言われ、エモーショナルな表現力に心を奪われます。1曲1曲曲、曲の世界に入り込んで感情を乗せる歌い方に私はカリスマ性を抱いていいましたが、もっと意識を彼女の声にむけてみると感情を爆発させているけれど、一声一声にきちんとテクニックを使っているんです。

私はリトグリ以外はハードロックをメインに聴いているのですが、ロックは魂を届けるので少しくらい歌声の音が外れても、気になりません。そこにロックの魅力を感じていました。「感情爆発させちゃったら、歌声に沢山のテクニックを乗せるの無理だよね。」という感覚でした。
しかし芹奈は感情を爆発させながら、そこに複雑なテクニックまで入れてくるんです。
この感情と高度な歌唱テクニックを合わせて使いこなせる彼女のボーカリストとしてのスキルに強烈なカリスマ性を感じているんだと思います。

ボーカリストとしては、この世の女性ボーカリストの中で1番好きと言えるぐらい彼女の歌声に惚れています。

ライブ映像をみると、表現力すごいなと思われると思うのですが、慣れたら色々な細かいテクニックにも注目してみてください。彼女がさらに好きになると思います。
リトグリの立ち位置はたまたまこういう順番になったそうですが、芹奈は間違いなくフロントマンだと思います。

長くなりましたが、個人的にリトグリの楽曲で好きなのは芹奈の声で終わる曲です。余韻がめちゃくちゃ気持ちいいんです。

モリト

https://youtu.be/cFiV4PO-MZ4

6周年記念ライブ『OVER』

49:01『OVER』
OVERの芹奈はかっこいいイメージやったけどこのライブでは歌詞間違ったり、アサヒにちょっかいかけたりして衣装の可愛さと相まって芹奈ほんとおもろかわいいです

bird

SAY!!!!!

毎度ライブで初めには「say!もっとsay!!!」っていう煽りをして、その終わりには可愛い心のこもった「ありがとう!」が聞ける。ぜひLIVEを見てほしい!

SAKURAnoG

沢山ありすぎて、一つに絞れません(T0T) 強いて言えば、か

芹奈の魅力
1. 歌が上手い。というとアーティストだから、当たり前やん、と思うかも知れませんが、芹奈はボーカリストとしてのテクニックをきちっと身につけている。「ECHO」最後のファルセットで抜けるところ、「Waves」後半の、ものすごいフェイク、聴いてください。

2. 声がキレイに抜ける。喉から何にも邪魔されずに、ストレートに声が出てくる。喉の力を抜いて、軽~く、でも、力のある声をだせるところ。
昔、春メドレーで歌った「仰げば尊し」生まれてこの方、こんなにも美しい「仰げば尊し」聴いたことがない。僕が芹奈推しを決めた思い入れの一曲です。又、Mステで今井了介さんのピアノ伴奏で歌った、安室奈美恵のカバー「HERO」芹奈の美しくかつ力強い声が、神です。

3. 心根が優しい。ライブ会場で見せる、ガオラー一人ひとりへの気配りと思いやりが、素晴らしい。
「伝説」となった2019武道館での「せかわら」芹奈は、しきりに後ろをむいて、後ろにいる観客の事を気にしてくれている(これは、他のメンバーも同じではありますが)。リリイベとかで直接話してみると、その気配りがよく分かります。
「優しい」ということは、「脆い」ということでもあります。割れ物を扱うように、優しく優しく愛してあげてください。

4. 英語の発音が、半端なく上手い(耳コピに限る(笑))
メンバーの中でもダントツに英語が上手い。これは、口パクをして音源を流してるんじゃないかと思うほど、完璧に発音する。マニアックというか、ストイックなまでにこだわってます。しかも、それを自分のものにしている。
2018年「SOUND INN S」「RENT」の「SEASONS OF LOVE」をひと節歌ったときの事、「Journeys to plan?」のところで、「ぷれ~ぇんぬ!」ときちっと「N」を発音している。些細に思われるかも知れませんが、日本人の一番弱いところです。ここをチェックすれば、その人がどれくらい発音が上手いか、よく分かるポイントの一つです。
また、「Calling」の幻のソロコーナーで歌った、Jill Scottのカバー「Golden」「?ゴールデンゴールデン」(英語的には、「ゴウルドゥン」)と歌ってて、芹ちゃんにしては、発音ちょっといまいちだなぁ、と思って、本家本元の「Golden」聴きにいったら、Jill Scottも「?ゴールデンゴールデン」と発音していた。これには、ぶったまげた‼️

5. 美人。これは、おまけです。リトグリは、アイドルグループではないので。
例え、芹奈がひどい◯◯だったとしても、芹奈を愛しています✨

まあや

表現力

LIVEなど、映像で見ても、「顔で歌ってる」と感じるくらい表現力があります。女優みたいになり切ってるというか、演じているというか、とにかく表現力があります。
CDなどの音源で聴いても、泣きそうな声や力のこもった声など、情景が浮かぶような表現力です。

あみーず

https://youtu.be/cFiV4PO-MZ4?t=2721

Love Yourself

1サビの芹奈のとこ。

①音源は最初からまゆはもないけど、生歌では最初から最後までまゆはもがある。

②「きみだ」の装飾の付け方が‘’違いすぎる‘’

move onなどダンスナンバー聞いていて、メンバーで一番芹奈が音源に忠実な人なんだな(口から音源タイプ)。って思ってたら、まさかのLove Yourselfでは、3つとも違う歌い方していることにびっくり!!!

これは、私の捉え方なので聞く人によって違うかもしれませんが、
①音源
譜面のまま
_________________
②シングル足跡の収録映像
きみ だ←こぶし
(まゆも一緒にこぶししてるから練習のときからそれっぽい)
_________________
↓You Tubeライブ
だ← こぶしとは言い難いけどきっとこぶしをしたかったんだとおもう。
それかわざとテンポからずらして歌ってる
_________________

ヘッドフォン時代の曲をいろんな歌い方で魅せることは多いですが、最近の曲をこのように違う装飾の付け方をするのは珍しいなって思いました。

しゃらくさん

夏になって歌え

Live on 2020〜足跡〜二日目です

4枚目のアルバムFLAVAより声に深みがでてて好きです
エッジボイスが多めで、心地がいいです

そしてこの曲で個人的な必聴ポイントは2つあります
まず1つめ、「この今を灼き尽くして喉の奥」
1回目と2回目で声の出し方が違っていて
2回目(曲の後半)は曲がもりあがっているところに
吐く息を多めに「灼きつくして」と発声しているのが刺さります。エモいです。

ふたつめ、私が個人的にめちゃくちゃ好きなのは
最後、「恋も夢も全ては余談なの」の「の」の発声、口の使い方
口を閉じて途中から開いていくんです
「んむぅぉお~~~」という感じで、これがたまらないんです!
この時の口の使い方、表情、これぞ芹奈!とそのエモさに感動と同時に惚れそうになります。
ぜひ、注目してください。

この足跡LIVEの【夏になって歌え】は芹奈節、芹奈のテクニック、魅力がふんだんに詰まっているので
聴くたびに発見と感動があります。
リトグリ公式YouTubeで世界に向けて公開してもらいたい
がおらーや、がおらー以外の方々に聴いてもらいたいベストテイクだと思います

りぃこ

VIVA

高音のハモリも、とても綺麗です。
それに気付けた瞬間、ますます虜になります!

テクニックの幅広さや、純粋な歌声、
ものすごく可愛い笑顔などなど。
知れば知るほどに、好き度が増し増しになること間違いなしです!